写真帖

-Zwei Mond 別館-

撮影散歩-2016年7月・2

7月23・24日に、ちょっと遠出してずっと行きたかった場所に行ってきました。

 

まずは自由が丘のポパイカメラさんへ。

www.popeye.jp

 

老舗ですが、「町の写真屋さん」という雰囲気のアットホームなお店でした。
ポパイカメラさんでは現像・プリントを受け付けてくれるほか、フィルムやカメラ雑貨の販売もされています。
私はフィルム目当てで訪れました。

f:id:zweimond_camera:20160807212536j:plain
120フィルムはフジのPRO160、コダックのポートラとエクター。
35mmフィルムはフジの業務用と、期限切れ間近で安くなっていたコダックULTRA MAXを購入しました。
通常5本パックで売られているフィルムもバラで販売しているので、試したかったフィルムをあれこれ買えて満足です。


そして翌日、第一目的地の上野へ。
f:id:zweimond_camera:20160807212537j:plain
つい最近、国立西洋美術館世界遺産として登録されたことで注目を集めましたね。
今回の上野観光は前々から決めていたことなので、このタイミングで訪れたのは偶然ですが、いい時に行けたなあと思います。
混んでいるのが予想されたので西洋美術館には行っていませんが、上野は見所の多い面白い場所でした。

まずは駅で朝食。
f:id:zweimond_camera:20160807212538j:plain
土地柄か、パン屋さんはどこのお店にも動物モチーフのパンがたくさんあって、どれもかわいいです。

その後、上野を散歩しながら写真を撮りました。
持って行ったカメラはオートコードです。
フィルムはポートラとエクター。前から撮り比べをしてみたいと考えていた二本です。最初はポートラから。

f:id:zweimond_camera:20160807212539j:plain
市場の雰囲気が好きなので、アメ横を通ってみました。

上野公園入り口。
f:id:zweimond_camera:20160807212540j:plain
緑が多く、広い!
この日は音楽系のイベントが開催されていたようで、クラシックやジャズなど、いろんなストリートミュージシャンの方が演奏していました。

しばらく歩くうち、観光サイトで見た場所を発見。

f:id:zweimond_camera:20160807212541j:plain
京都の「清水の舞台」を模した舞台と、浮世絵で有名な「月の松」です。

せっかくなので、お参りもしてきました。
f:id:zweimond_camera:20160807212542j:plain
手水舎の龍がかっこいい(ピントは外していますが)。

お参りを済ませたあと、舞台上から月の松を撮ってみます。
f:id:zweimond_camera:20160807212543j:plain
松を通して向こうの景色が見えて面白いです。

そこから不忍池に移動。
どうしてもこの季節に撮りたいものがあり、多分ここなら…と狙って行きました。f:id:zweimond_camera:20160807212544j:plain
蓮の花です。
オートコードだとウエストレベルでの撮影なので、煽りになってしまって蓮があまり写りませんが…

f:id:zweimond_camera:20160807212545j:plain
それでも一面に咲く蓮の花を見ることが出来て嬉しかったです。

中の島にあるお堂にも行きました。
f:id:zweimond_camera:20160807212546j:plain
弁天堂は弁財天が祀られていて、芸術方面、商売方面でご利益があります。
お堂の周りには記念碑や塚がたくさんあり、興味深いです。


ここでポートラは撮り切りました。
暑いし小腹も空いたので、こちらのお店で一休み。
以前読んだ小説に登場したお店で、ずっと行ってみたいと思っていました。
f:id:zweimond_camera:20160807212547j:plain
子供遊園地と動物園の間にある、新鶯亭さん(公園の案内図にもお店の名前が載っています)。

看板メニューの鶯団子と、宇治抹茶かき氷を注文。f:id:zweimond_camera:20160807212548j:plain
小豆・白・抹茶の三色の餡は、どれも上品な甘さと柔らかさで美味しいです。
かき氷は氷がきめ細かくサラサラで、中にお餅が入っていて、こちらも美味しかったです。

そして再び外へ。
ここからはエクターで撮影しました。

寛永寺五重塔
f:id:zweimond_camera:20160807212549j:plain
人を避けて撮ったため、下の方が入りませんでした…

東照宮の唐門。
f:id:zweimond_camera:20160807212550j:plain
有名な「昇り龍・降り龍」 の彫刻を間近に見ることが出来ました。

神社に行くと、つい狛犬を熱心に見てしまいます。f:id:zweimond_camera:20160807212551j:plain
こちらの狛犬も、凛々しくて素敵。

諸大名から奉納されたという灯籠。f:id:zweimond_camera:20160807212552j:plain
材質は石ではなく銅です。独特の細工が綺麗でした。


ここで上野を後にして、次の目的地・浅草へ。

浅草といえばこれでしょう、ということで…

f:id:zweimond_camera:20160807212553j:plain
ベタですが、雷門を撮ってみました。やっぱりかっこいいですね。

この雷門の隣には「常盤堂」さんという雷おこしのお店の本店があります。

tokiwado.tokyo


情報番組で紹介されるのを見る度、行ってみたいと思っていたところです。
この日は暑かったので、冷やし甘酒を買いました。
社長さん自ら接客をされていて、「あ、テレビで見た人…!」と内心感激していました。
そしてこの甘酒、生姜が入っていてさっぱりして飲みやすくて、とても美味しかったです。今まで飲んだ甘酒の中で一番好きです。
次に行った時には、おこしも買いたいと思います。

水分補給も出来たので、仲見世通りをぶらぶらしました。
色んなお土産が売られていて、見ているだけでも楽しいです。
人でごった返していたので最初は入るのをためらいましたが、思い切って行ってみて良かったです。

脇道に逸れると、スカイツリーが見えます。
f:id:zweimond_camera:20160807212554j:plain
スカイツリーもいつか訪れてみたい所です。

仲見世に戻り、浅草寺の本殿を目指します。
f:id:zweimond_camera:20160807212555j:plain
宝蔵門の仁王像。迫力があります。

浅草寺の本堂。

f:id:zweimond_camera:20160807212556j:plain
外観はもちろんのこと、お堂の中のご本尊も天井絵も、荘厳で素晴らしかったです。

運試しでおみくじも引いてみました。

f:id:zweimond_camera:20160809214642j:plain
浅草寺のおみくじは凶がよく出ると聞いていたので身構えていましたが、吉でした。良かった!

そういえば、本堂の前で写真を撮った時、通りかかった年配の男性二人組みがこちらを見て

「ありゃあ古いカメラだ」「おおー」

という感じの会話をされていたのですが、オートコードをちゃんとカメラだと認識してもらえて嬉しかったです(大体わかってもらえない)。


そして今回撮り比べてみた二つのフィルム。
ポートラは優しく淡い感じ、エクターははっきり鮮やかな感じですが、どちらも色が綺麗に出ますね。粒状感もなめらか。
あと、エクターはアンダー気味だとなんとなくくすんだように見えるので、少し明るめに撮った時の色合いが好みです。
今後35mmの方でも試してみたいです。


そんな感じで、上野・浅草観光レポートでした。
今回いろんな所へ行きましたが、まだまだ見たいものがたくさんあるので、絶対にまた行きたいと思います。

お題「やっぱりフィルム写真が好き!」