写真帖

-Zwei Mond 別館-

撮影散歩-2016年6月

6月の撮影散歩レポートです。


6月初旬、そろそろ紫陽花が咲いている頃かなと思い、近所の山へ出かけて来ました。
本当に近所で、海抜60メートルほどの小さな山なので、自宅から徒歩30分くらいで山頂に着きます。
春には桜、秋には紅葉も楽しめる、お気に入りの場所です。

この日はオートコードにポジフィルムを詰めて行きました。

f:id:zweimond_camera:20160628204806j:plain
こんなことをつぶやいていましたが、案の定一枚目は失敗。
多重露光による露出オーバーで、それはもう真っ白になっていました…

f:id:zweimond_camera:20160628204807j:plain
これは普通に撮った二枚目の写真ですが、これもオーバー気味ですね。
他にも何枚か白飛びしているものがありました。まだ適正露出で撮るのは難しいです。

まともに撮れた写真もあります。
f:id:zweimond_camera:20160628204808j:plainf:id:zweimond_camera:20160628204809j:plainf:id:zweimond_camera:20160628204810j:plain

一番下の写真は紫陽花が紫陽花らしくない写りをしていますが、気に入っています。

激しく白飛びしても、植物がギラギラした感じになっても、私は晴れた日の明るい雰囲気が好きです。


f:id:zweimond_camera:20160628204811j:plain
また、中旬には金沢へ行き、写真仲間のハルさんと「ひがし茶屋街」を散歩してきました。

金沢は年に数回訪れる場所ですし、ひがし茶屋街にも行ったことがありますが、撮影目的で行ったのは初めてです。

カメラはSR-T101でした。レンズはMC ロッコール 55mm F1.7。

f:id:zweimond_camera:20160628204954p:plain
ハルさんに初めてカメラを見せたのですが、「シャッター音が『一撃必殺!』って感じ!」と興奮気味に言われました。
一枚一枚気合を込めて撮るので、その表現はぴったりかも…

絵になる場所をじっくり探しつつ、ベタな観光写真をたくさん撮りました。f:id:zweimond_camera:20160628204955j:plain
フィルムはKodak Super Gold。
ひがし茶屋街は古い町並みが素敵な所なので、Super Goldのノスタルジックな描写とよく合いますね。

今回のプリントはフチあり・マット紙でお願いしてみました。

f:id:zweimond_camera:20160716205528j:plain
なんとなく上質な感じがして好きです。


ですが、失敗写真もあります。
この日は山の写真とは逆に、何枚か露出がアンダーになっていました。

f:id:zweimond_camera:20160628204956j:plainf:id:zweimond_camera:20160628204957j:plain
下の方はゴーストも出ています(オートコードの時と同じく、フードを付け忘れていました)
いただいたデータを自分で補正してみましたが、少しはマシになったでしょうか…

この日も紫陽花を撮りましたが、こちらは綺麗に写っていたので安心です。

f:id:zweimond_camera:20160628204958j:plainf:id:zweimond_camera:20160628204959j:plain


そんな感じで、改善点も見つかった6月の写真でした。
コツを掴めたと思った矢先に失敗する…そんなフィルム写真はやっぱり難しくて面白いです。
難しいからこそ上手くいった時の喜びも大きいので、今後も失敗を恐れず楽しんでいきたいと思います。